ホーム > 入れ歯

入れ歯

入れ歯

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

当然、永久歯を失ってしまったら二度と生えてくることはありません。そこに何らかの人工的な処置を施すことになります。具体的な治療法としては、ブリッジ、インプラント、そして入れ歯があります。それぞれに特徴があり、他よりも優れている点劣っている点があります。

ブリッジは抜けてしまったところの前後の歯を削り、そこを支えにして橋を架けるようにして人工歯をあてがいます。健康な歯を削りしかも土台とするため、大事な天然歯を消耗させてしまうリスクがあります。
インプラントは抜けてしまったところに穴を開けてネジを埋め込み、その上に人工歯を固定する方法です。独立しているので他の歯に迷惑をかけるといったリスクはありません。ただし現状、高度な技術なので初期費用がかかってしまうのがネック。外科手術なので患者さんの体質や健康状態も十分に考慮しなければいけません。
最後に入れ歯。こちらが当院で最も推奨している、抜けた歯への補綴方法です。入れ歯は最も古い歴史を持つ手法ですが、他の手法と同様に技術は日々進歩し新しいものが提案され続けています。当院はその新しいものを常に採用し患者さんに提供しているので、技術には自信があります。

歯が抜けたときの対処法はいくつもあり、それぞれにメリットデメリットがあります。当院では患者さんにきちんと説明し、患者さん自身に選択していただくようにしています。当院で扱えないものについては専門の医院もご紹介できます。

まずはどんな治療法があるのか、そして自身に合っているものはどれか。きちんとご説明しますので、お困りの方はご相談ください。

入れ歯は“異物”です

入れ歯は“異物”です

義歯という言葉が示す通り、歯の治療に使う素材は全て本物の歯とは違う偽物です。義足や義手を装着したらリハビリをするのと同じように、入れ歯を装着したら必ずリハビリ、つまり体に慣らすための練習が必要になります。

当院ではこの入れ歯に慣れる練習を大切にしています。治療が終わり、入れ歯を付けたらはい終わり、というわけではなく、むしろそこから先を重視しています。長く入れ歯を使っていただくため、適切なアドバイスと術後の対応をさせていただきます。
異物感を極力排除し、患者さんが快適な毎日を送っていただくため、綿密なやり取りを行いオーダーメイドの入れ歯をお作りします。

審美性も兼ね備えたノンクラスプデンチャー

審美性も兼ね備えたノンクラスプデンチャー

当院で勧めている入れ歯はノンクラスプデンチャーと呼ばれるものです。従来の入れ歯と違って金属ワイヤーなどを使わないので見た目に優れ、強度の面でも信頼できます。

固定するのではなく、周りにじんわりと密着させるやわらかい透明樹脂素材を使っているので、違和感もできる限り抑えることができます。これまでの入れ歯に対する不満を解消してくれている画期的な素材なので、入れ歯のことでお悩みでしたらご相談ください。

新着情報

一覧を見る

2018/12/10

年末・年始 休診お知らせ
12月29日(土)午後~1月4日(金)の間
冬季休診とさせて頂きます。
5日(土)より通常の診療となります
宜しくお願い致します。

2018/07/20

夏季休診お知らせ

7月29日(日)~7月31日(火)
8月11(土)8月15(水)の間
夏季休診とさせて頂きます。
8月16日(木)より診療致します。
宜しくお願い致します。

2017/12/11

冬季休診お知らせ
平成29年12月29日(金)~平成30年1月4日(木)の間
冬季休診とさせて頂きます。
新年は5日(金)より診療いたします。
宜しくお願い致します。

2017/07/12

夏季 休診お知らせ
7月23(日)~7月26(水)
8月10(木)~8月13(日)の間
夏季休診とさせて頂きます。


2016/12/19

年末・年始 休診のお知らせ 

平成28年12月29日(木)~平成29年1月4日(水)の間
冬季休診 とさせて頂きます。
1月5日(木)より通常の診療となります、
宜しくお願い致します。

アクセス


〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉7-12-5 エクセルシオール日吉101

お問い合わせ 詳しくはこちら