ホーム > 被せもの・詰めもの

被せもの・詰めもの

被せもの・詰めもの

被せものと詰めものの違いって?

被せものと詰めものの違いって?

小さな虫歯を削っただけの場合は主に詰めもの(インレー・レジン)を使用します。歯や口腔内への負担は軽く、術後に違和感を抱くことも少なく済みます。

長く放置して大きくなってしまった虫歯を治療した場合は被せもの(クラウン)です。特に神経を抜くような処置を終えた歯は、耐久面でかなりもろくなっているので被せものを使用します。

症状の重くなっている歯はごっそり抜き取ってしまうという選択肢もありますが、当院ではできるだけご自身の歯でいていただけるよう、被せものや詰めものでの治療を提案いたします。違和感なく食事ができ、長く自分の歯を保っていけるお手伝いをさせてください。

被せものと詰めものの種類

被せものと詰めものの種類

被せものと詰めものの種類には、大きく「金属」「プラスチック」「セラミック」があります。

金属は保険診療範囲内でできる最も一般的なものですが、見た目は歯と違うものなので審美面で見劣りします。
プラスチックは歯に近い色合いで、保険診療のものと自費診療のものがあります。比較的安価で提供できるのが魅力の一つですが、反面耐久力が低く、時間とともに着色が目立ってくるというデメリットがあります。
セラミックは頑丈な素材でできたいわゆる“瀬戸物”です。見た目も本物の歯に近く、長く使い続けることができます。自費診療が主で、価格は他と比べると高くなります。

当院では患者さんの希望に合わせた、被せもの詰めもの素材を提供したく思っています。患者さんのお口の中の状態を診て、治療方法をカスタマイズしいくつか提案いたします。その中で患者さんが納得できるものをお選びください。

当院で扱っている主な被せもの・詰めもの素材

オールセラミック(ジルコニア)

強度に優れ、また汚れなどもつきにくい、最も歯に近い素材です。

メタルボンド(ポーセレン)

中は金属、外をセラミックでコーティングしたものになります。

白金加金

頑強な金属で作られています。被せもの詰めものどちらにも対応できます。大臼歯部や小臼歯部のもので価格は変わります。

硬貨レジン

プラスチック素材で保険適用になります。他の素材に比べ安価ですが壊れやすい素材です。

新着情報

一覧を見る

2018/12/10

年末・年始 休診お知らせ
12月29日(土)午後~1月4日(金)の間
冬季休診とさせて頂きます。
5日(土)より通常の診療となります
宜しくお願い致します。

2018/07/20

夏季休診お知らせ

7月29日(日)~7月31日(火)
8月11(土)8月15(水)の間
夏季休診とさせて頂きます。
8月16日(木)より診療致します。
宜しくお願い致します。

2017/12/11

冬季休診お知らせ
平成29年12月29日(金)~平成30年1月4日(木)の間
冬季休診とさせて頂きます。
新年は5日(金)より診療いたします。
宜しくお願い致します。

2017/07/12

夏季 休診お知らせ
7月23(日)~7月26(水)
8月10(木)~8月13(日)の間
夏季休診とさせて頂きます。


2016/12/19

年末・年始 休診のお知らせ 

平成28年12月29日(木)~平成29年1月4日(水)の間
冬季休診 とさせて頂きます。
1月5日(木)より通常の診療となります、
宜しくお願い致します。

アクセス


〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉7-12-5 エクセルシオール日吉101

お問い合わせ 詳しくはこちら