日吉 歯科通信

2013年2月27日 水曜日

歯の代わりとなる入れ歯について

入れ歯の種類は、総入れ歯や部分入れ歯、レジン床義歯、金属床義歯、ノンクラスプデンチャーなどといったものがあげられます。
このノンクラスプデンチャーとはどういったものかというと、義歯を作って装着している場合に、お口をあけたときに義歯であると判別しにくいようにと、審美性を高めた義歯になります。

義歯の歯の部分以外は特殊な樹脂で作られていて、精度の高いものに仕上げるため、フィット感にとても優れております。
港北区日吉にあるはしもと歯科医院では、このノンクラスプデンチャーの入れ歯を推奨しております。

病気により歯を失ってしまった場合に、歯の代わりとして入れ歯を入れることになるのですが、もしこの入れ歯を入れずに歯を失ったままの状態にしておくとどうなるかというと、きちんと咬むことができないために変な咬み癖がついてしまい、あごの筋肉のバランスも悪くなってしまいます。

そのため、顎関節症になってしまったり、自分では気づかないうちに顔が歪んでしまったりすることもあります。
患者さまそれぞれのお口の中の状態を診なければわかりませんが、自身の残っている歯の状態や、あごの骨の状態を診て、入れ歯やブリッジ、インプラントといったものを使うのですが、場合によっては着脱式の義歯を作って使用することもあります。

お悩み事があるようでしたら、お気軽にご相談ください。

投稿者 はしもと歯科医院 | 記事URL

2013年2月27日 水曜日

お子さまの歯の治療について

お子さまの歯の治療となると、予防としてむし歯にならないための歯磨き指導や、落としきれなかった汚れを除去してフッ素を施したりします。
また、むし歯になってしまった歯の治療や歯並びを良くするための治療も行います。

むし歯になってしまった場合は、その部分を削り取り、レジンや金属で部分的な修復をしたりして、上から金属の冠をかぶせたりします。
歯並びに関しては、早期に発見して矯正をしていくということも重要となります。

成長によっても治療方法が違ってくるのですが、乳幼児期ですと、歯が生え始めてきて哺乳から幼児食へと移行する、摂食機能を学んでいく時期となります。
栄養面も考えた間食もしていく時期でもあり、大人の仕上げ磨きが必要となってきます。

幼児期になると乳歯が生えそろう頃となり、色々なものを食べ始める時期となるので、奥歯や歯の間のむし歯も増え始めてきます。
そして、将来の歯並びのことを考えると、習慣となってしまっている指しゃぶりやおしゃぶりなどを終わりにさせるようにしなければなりません。

学童期は、徐々に永久歯へと生え変わってくる時期なので、特に歯並びやむし歯には気を付けなければいけません。
中高生ともなると、全ての歯が永久歯列となるので安心かと思われがちですが、生活習慣の乱れが出始める頃でもあるので、むし歯以外にも歯周病にも注意をしなければいけません。

この頃には、あごの関節異常も出始めるので、少しいつもと違うなと思われたり、定期的な歯の予防を行うためにも、歯の健診を行っていただきたいと思います。

投稿者 はしもと歯科医院 | 記事URL

2013年2月20日 水曜日

歯を長く使うためにもしっかりと予防を

歯が痛くなってから歯科医院に行く人が多いかと思われますが、歯の治療をしていくにしたがってダメージを蓄積していくことにもなるので、最近では虫歯や歯周病になる前に、歯科医院には歯の予防のために行くという考え方を持つ人たちが増えてきています。

虫歯になってしまうと、自身の歯を削らなければならないし、そのまま放置しておくと歯を抜かなければいけなくなるのと、さらに歯周病になってしまうと歯肉炎を起こし、少しずつ顎の骨を溶かしていってしまいます。
これは、歯垢や歯石に棲みついた歯周病菌が毒素を出すためにおこる病気です。

初期の段階では自覚症状というものがありません。
気付いた時には、重症となってしまい歯が抜け落ちるということもあります。

また、歯周病というものは、糖尿病や心臓病、肺炎、妊婦さんの場合ですと、早産や低体重児出産などといったことを引き起こすことの原因にもなってしまうと言われているため、しっかりとした予防と治療をしていかなくてはなりません。

日本の成人の約8割ほどが歯周病の予備軍だと言われています。
軽く考えがちな歯周病ですがそのまま放置することのないように、定期的な口腔内チェックと、治療が必要となった場合は早期に対処をするように、積極的に予防歯科の受診をお願いします。

投稿者 はしもと歯科医院 | 記事URL

2013年2月20日 水曜日

自然に治る虫歯は絶対ありません

虫歯というものは、歯の表面に付いた歯垢を放置し、その歯垢部分に細菌が棲みつき、その食べかすを養分にして増殖していき酸を出していくため、歯の表面のエナメル質をその酸が溶かしていき、歯のカルシウムやミネラル分が少しずつ溶け出し虫歯になるのです。

唾液によって酸性になってしまった口腔内が中和され、歯の再石灰化はされるのですが、甘いものの食べ過ぎや、一日中食べ物を口に入れていたりすれば、再石灰化も間に合わず虫歯になってしまいます。
歯と歯垢と糖の3つの要因が揃った時に虫歯が発生します。

虫歯を防ぐためにも、甘いものは控えて、定期的に歯垢をしっかり除去することが大切となります。
虫歯をそのまま放置しておくと、痛みが出てきてご飯が食べれなくなり、眠れなくなってしまいます。

さらに放置しておくと、神経が死んでしまい一時的に痛みが無くなるのですが、歯の中では最近が増殖し、他の健康な歯にも影響を及ぼし、放置した虫歯を最終的には抜かなくてはならなくなります。
そして、虫歯を放置しておいたり、抜いたままの状態でいると、噛みあわせが悪くなるばかりか歯並びも悪くなり、口腔内だけでなく身体にも影響が出てきたりします。

少しでも違和感があったりするようならば、港北区日吉にある私どもはしもと歯科医院へご相談ください。

投稿者 はしもと歯科医院 | 記事URL

2013年2月13日 水曜日

港北区日吉でかかりつけ医院のはしもと歯科医院

港北区日吉で地域に密着したかかりつけ医院として、私どもはしもと歯科医院では、ご近所の皆さまのお役にたてるように、そして患者さまの笑顔が増えるようにと思い、患者さまと真剣に向き合い、コミュニケーションをとって、ゆとりを持って丁寧な診療ができるようにと心がけています。
他病院とも連携をもって対応させていただきますので、お口に関するお悩みや不安など、お気軽にご相談ください。
治療の流れとしましては、電話とメールにてご予約を承っています。

来院されましたら、問診票へ必要事項をできるだけ詳しく記入していただきます。
安全に診療するためにも、診察の前に問診票を確認しながら、お口に関するお悩みや治療に対してのご希望などをもう一度詳しくお聞きしますので、どんな些細なことでも伝えていただきたいと思います。

その上で患者さまにとって必要であると判断されれば、必要な検査を行っていくのですが、検査内容や疑問などがありましたら遠慮なくお尋ねください。
検査結果を見て、今後の治療計画の説明や相談を行っていきます。

患者さまにもお口の中の状況をしっかりと理解して、どのように治療していくか相談しながら決めていきたいと考えております。
健康維持のためにも、そして口腔内環境をしっかりと保つためにも、定期的にメンテナンスを受けるように心がけていただきたいと思います。

投稿者 はしもと歯科医院 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2016/07/12

夏季休診お知らせ

7月25日(月)~27日(水)
8月11日(木)~14日(日)の間
夏季休診とさせていただきます。
宜しくお願い致します。

2015/12/21


年末・年始 休診のお知らせ 

平成27年12月29(火)~平成28年1月4(月)の間
冬季休診とさせて頂きます。
28日は午前のみ診療致します。
1月5(火)より通常の診療となります、宜しくお願い致します。

2015/07/21

夏季休診の お知らせ
8月13日(木)~8月16日(日)の間、夏季休診とさせて頂きます。
17日(月)より、通常の診療となります。
宜しくお願い致します。

アクセス


〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉7-12-5 エクセルシオール日吉101

お問い合わせ 詳しくはこちら